スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Never Wake Up

2009年06月10日
実家の農業手伝ってたら案の定日焼けして腕が真っ赤になった。
お風呂が軽く拷問だった(TωT)
結局20時手前くらいまでえっちらおっちらやってたので、
地元の連れと遊ぶ余裕は無かった。月曜仕事のヤツが普通だしな。
こっちも遊び目的で帰郷してるわけでもないから期待はしてなかったw
しょうがないから暇潰しのためにTUTAYAで何か映画でも借りてこようと思ったら、
エウレカ虹ポケの小説版が売ってるの発見したので読みふけてますた。

地元帰ってみたら飲食店が結構増えてるのに気づいたんだけど、
吉牛や松屋とかその辺ねw
あっても別に普通みたいなところばかりだから、
うちの地元がどんだけ田舎なのかが分かってもらえるだろうw
実家ついたら気づいた変化は2つ。

実家のわんこがちょっぴりメタボ化してた(´ω`)
お腹周りが明らかにプニプニとね。

あと野良猫の子猫が2匹住みついてた。
写真に写ってる1匹は人懐っこくて、もう1匹は警戒心たっぷりだった。
どっちも可愛いけど、写真取れなかったほうはなんか狸みたいなカラーリングだったw
人懐っこいほうにちょっかいかけてたら、
もう1匹がダッシュで近づいてきて猫パンチされたさ。
それに驚いて人懐っこいほうも一緒にどっか逃げてった(・ω・`
虐めてたわけじゃないのに(TωT)

日月と朝から晩まで火曜の昼過ぎにはとうとう玉葱収穫おわたあるよ!
ミッションコンプリートであります!
しかし、農業手伝いに帰るといつも牧場物語やりたくなる・・・

で、実家から帰ってくるときにせっかくなので映画観に行ってきました。
私は休みだったから手伝いに帰ってたわけだけど、
多くの人は火曜は平日で学校や仕事の人がほとんどだろうから、
土曜みたいにチケ売り切れやらはさすがにないだろうしな!

とりあえず、天使と悪魔を観たぜ!
結構面白かったんだけど、これってダヴィンチ・コードの続編だったのか・・・
ダヴィンチ・コードの監督の映画ってことしか知らなかった。
ダヴィンチ・コード観てないんですけどー!
ま、観てなくても個人的には楽しめたけどね。後でDVD借りてきて観ないと(・ω・)

そして、エウレカセブンポケットが虹でいっぱい。
チケ買うと映画のフィルムっぽい特典が貰えた。
映画観にいって特典みたいなの貰ったのって小学校の頃に観たドラえもんくらいだぜw

場面はかなり最後の方のシーンですね。
ホランドとの戦いは終わりを迎えたけど、レントンは出血多量でもう限界。
「ごめん、もう一緒に行こうって言ってあげれない」って台詞のとこですな。

映画の内容はなかなか面白かったです。
TV版とは世界観とか設定がだいぶ異なるパラレル的なものだけれど、
TVから派生した映画によくある総集編的なものではなく、
TV版のシーンをうまく使ったりしながらの異なるストーリーだけど、
やっぱりエウレカセブンだなーって感じで楽しめた。

ただ先に小説版を読んでしまっていたので、
ストーリー的にはちょっと不満な点が多かったのは事実。
小説版と劇場版にもストーリーの展開や設定、結末に多少違いがあるのだけどね。
2時間以内に収めるには無難だったかなとも思った。
OVAとかでもう少しじっくり小説版のほうベースのを作って欲しいくらい。

個人的には小説版を読まずに劇場版を観て、小説版読んだ後にもう一度劇場版。
これが一番理想の観方かもしれない。
時間に制約のある劇場版はちょっと惜しいなーっと感じました。
小説版を先に読んでしまっていたからこそ、そう感じたのだろうけどね。

ただそういう風に感じた部分も確かにあるけれど、
小説版では絶対に得られない戦闘シーンの迫力とかは観た価値はあった。
ホランドのデビルフィッシュかっこ良すぎるだろうw
TV版にはなかったニルヴァーシュSpec2のホーミングレーザーかっこ良すぎるw

小説版とも結構違う部分も多いので、
今月末DVD出たらもう一度観て確認しないといかんなー。
ラストあたりがちょっとね。

エウレカがレントンを助けるために記憶をイマージュ核に返したんだろうけど、
夢が世界を作りかえれるとしても現状の世界の状態はそのまんまだったしなw
レントンとエウレカからしたら世界がどんだけ自分等に酷いことしようが、
二人で生きていける世界があればそれだけでいいんだろうから、
現状の世界そのものが変わる必要は無かったってことだろうか。

イマージュは居なくなったぽいから人類の危機はなくなったぽいし、
エウレカが太陽光浴びても平気ってことは人間になったってことだろうな。
劇場版は51話最終回の影響がかなり大きそうだから、
そうやって観てるとエウレカが人間になりたかったって部分が深く・・・
てか、基本的にTV版51話も含めて全て観ていてこそ劇場版楽しめると思ったw

TV版50・51話の最終回と比較すると、
両方の中間に位置する感じの終わり方だったかな。
劇場版での世界をTV版との直接的な関連性、
TV版の1万年前の話なのか、TV版の後の話なのか、
TV版50話最終回で別世界に行った残り半分の話なのか、
とかどう捕らえてもらってもいいという監督の言葉は観る前にどっかでみたけど。
トークショーでTV版50話で別世界にいったほうの話だと言っちゃったみたい。

別世界にいったといっても人間は肉体的にはいったわけではなくて、
コーラリアンと一つになってだから、
あの世界自体がコーラリアンの観ている夢ってのは確かなんだろうなー。
人とコーラリアンとの共存を別の道から探すぽいこと確かTVラストで言ってたし、
それがあの世界なんだろうと私の中で解釈。

ダヴィンチ・コード観た後だったから、
かなりいろいろと個人的に無駄に深読みしながら観てたわw
強いていうならやっぱり2時間という枠で収めるにはちょっときつかったかなって。
テンポ良くというよりもはしょりながら話が進んでるように感じた。
だからこそ小説版を読んでると納得できる部分が多いんだろうなw
実際2時間に収めるためにかなり削ったって話だし、仕方ないか・・・
でも、面白かったのは事実。

あと「幼獣マメシバ」ってのと「ウォレスとグルミット」観たくなった。
公開されたら時間みつけて観にいこう(´ω`)
Comment

管理者のみに表示
スパムやそれらに記載される怪しいURLへの直リンクへの対策として、
URLの書き込み・特定のワードを禁止設定にしています。
ご了承の上、コメントをお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。