スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青空 ~君が見た空をもう一度~

2009年09月12日

プロ南にて送迎ポタを始めたあたりでテロが起こったらしいのですが、
演劇中は何事もなく無事に公演を終えることが出来ました。
今回は告知期間が短かったのですが、
それでもたくさんの方々がわざわざ足を運んで頂き、本当にありがとうございました。

今回の作品は台本に目を通した段階で個人的にかなり気に入ってました。
1時間半~2時間という尺の中で演じる内容としては、
とても綺麗に話がまとめられていることや、
それでいてROの世界観をきっちり抑えられているところや、
内容としては特にひねりはない王道路線だったとは思いますが、
それだけに安心して観ていられる感じではなかったでしょうか?

王道路線とはいえ物語を書くというのはかなり難しいことですからね。
私はなかなか真似の出来ることではないと思ってます。
演劇用となると動きも想定しなければいけないわけですし、
良い脚本だったとそれに尽きます。


今回、私はメインキャラの一匹もとい一人のカイ役を演じさせてもらいました。
ラストシーン以外はペットのデビルチがメインなので、
台詞とエモが中心で動きというものは基本的に無いに等しいのですが、
ペットの移動先は気まぐれなのが最大の難点。

しかし、この日のデビルチは一味違っていた!
「大体ここらへんに移動してくれよ」という期待を込めてクロキンアサで誘導すると、
ほぼ期待通りの位置に移動してくれるじゃないですかっ!?
こればっかりはもう運の問題でもあったのでデビルチGJとしか言わざるを得ませんでした。


今回の私の演技については60点はあげてもいいかな。
ペットが喋ってるように見せているので、
発言がきっちりと消え終わってから移動しないと台詞だけが先に移動するハメに。
気をつけなきゃと思っていたのに最初にポカやってしまったさー(・ω・`;

後は細かい凡ミスのような感じというか、
何でもっとスムーズに出来ないものなのかな?という自分の手際の悪さへかな。
基本的にアドリブ効かない上にテンパりやすい人間なんで、
もう少し落ち着きが欲しいなーと思う限りです。


それにしても楽しかったなー。
クロキンでペットを使っての演技ってのが初めてだったけど、なかなか楽しい。
個人的な演技力の低さとは別の不安要素であったデビルチの移動が神すぎて!
思い通りに移動してくれたときの気持ち良さときたらもうねっ!

さて、うたかた月夜の次回公演はメッセンジャー第3部になるのかなー。
とうとう完結編ですよ!
皆、大好きガラントさんが待ってるよ!キャーガラントサーーン!!
Comment

管理者のみに表示
スパムやそれらに記載される怪しいURLへの直リンクへの対策として、
URLの書き込み・特定のワードを禁止設定にしています。
ご了承の上、コメントをお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。